失敗しない老人ホーム選びと注意点

2019.01.04
alt

老人ホーム入居後、最も長い時間を過ごすのが自分の部屋です。
そのため自室の環境によって、今後の生活が左右されると言っても過言ではありません。
老人ホームを決める際は、部屋を慎重に決めて快適な生活を送りたいですよね。
今回は、部屋選びのコツや注意点をいくつか紹介していきたいと思います。

 

■部屋の位置をチェックする

まず、自室になる部屋が老人ホームのどの位置にあるのか確認をとっておきましょう。
何階にあるのか、食堂までの距離、階段の有無、共用のスペースまでの距離などをチェックしてください。
極端に遠かったり、階段を使う必要があるといった問題点が見つかることもあります。
不安な点がある場合は、老人ホームのスタッフに直接聞いてみてください。

 

■部屋の設備について

個室の設備は老人ホームによって様々です。シャワーが付いているのか、トイレにウォシュレットが付いているのか、エアコンは新しいかなど、快適な生活を送るための設備チェックは大切です。
また、目で見て「これなら安心できる」と思うのではなく、実際に手で触ってみて、使い勝手を確認してください。しっくりこなかったり、意外と使いにくい場合も考えられます。
施設のスタッフに許可を得て、いろんなものを体験させてもらいましょう。

■家具・家電は持ち込み可能か

老人ホームの中には、家具・家電の持ち込みが可能な場所もあります。
主に「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」では持ち込みが可能です。
まずは、必要か不必要かをしっかりと吟味してから、家具・家電を持ち込むようにしてください。
また、倒れやすい家具や安定感のない家電は事故の原因になりますので、老人ホーム側に相談をしながら決めてみてください。

 

■必ず入居予定の本人が見学へ行く

老人ホームの部屋を選ぶ際に、本人ではなく家族が見に来て「これなら大丈夫だろう」と決めてしまう人がいます。
しかし、住むのは家族ではなく本人なのです。どうしても身動きが取れない場合を除いて、本人同伴で部屋を見学するようにしてください。
部屋だけでなく施設の設備や雰囲気、スタッフの対応など、本人が気になるところもあるはずです。
入居後に老人ホームを変えたい、とならないように本人同伴で施設見学にきてください。

老人ホームで最も長い時間を過ごす自室。自分の目で見るだけでなく、家族やスタッフのアドバイスを聞きながら、部屋選びを進めてみてください。

お役立ち情報一覧へ戻る