《倉敷市 有料老人ホーム》通所リハ、ショートステイを利用している要介護3の方が入居されました

ご入居者様情報

  • 年齢性別:89歳 男性
  • 介護度 :要介護3
  • ご相談者:長男のお嫁さん
  • 相談内容:認知症の症状もだんだんでてきたので介護サービスの隙間時間が家にいてもらうのが不安。何かあってからでは遅いのでそろそろ介護施設を検討している。
  • ご提案施設の種類:有料老人ホーム・グループホーム

介護施設へのご入居事例

ケアマネジャーさんからご長男様のお嫁さんを紹介していただきました。

KP様から話を伺うと「長男夫婦が同居しているが認知症も進んできている。日中に母だけでは目が離せないので不安」との事でした。

要介護3の認定を受けており、下肢筋力の低下があり転倒のリスクある、認知症状も出ており外の畑に一人で行くので不安である。

長男嫁様から義父に合う施設をということで施設を3か所見学致しました。

その結果倉敷市内の有料老人ホームへの入居となりました。

入居に至ったホームはレクリエーションもしっかりしていてリビングの窓も大きく見学時の印象も良かったので申込んでいただきました。

入居時に立ち会わさせていただきましたが少しづつ施設に馴染めることを願っております。

 

写真は入居時にお礼と言われご家族様よりお菓子をいただいたので写真を撮りました。

 

老人ホームの問い合わせは岡山県老人ホーム・介護施設紹介窓口『ハピネスプラス』までお気軽にご相談下さい!

 

ハピネスプラス

相談員 池本宏史