老人ホームでの食事について

2018.10.06
alt

高齢になって介護が必要になっても、食事を楽しみにしている人はたくさんいます。
老人ホームの食事は質素なイメージがあるかもしれませんが、最近は献立にこだわっている老人ホームも多く、利用者が飽きないような工夫をしています。
今回は、老人ホームではどんな食事をしているのか見ていきましょう。

■工夫を凝らした老人ホームの食事

老人ホームに入居しても、ラーメンやスパゲッティ、竜田揚げなど私たちが食べている食事と変わらないようなメニューを楽しむことができます。
また老人ホームによっては、その日の気分で選ぶことができることもあります。
例えば、朝食はパンかご飯か選ぶことができ、夕食はメインの食事以外にパスタやカレーを選ぶことができる施設もあるのです。
老人ホームでの食費は、基本的に月額料金に含まれているため、こだわりの食事を食べることができる場合であっても追加料金は基本的にはありません。
しかし、レクリエーションなどで外食をする場合などは別途料金が発生するケースが多くなっています。

■利用者に合う食事形態を提供する

老人ホームに入居している利用者の中には、飲むこむ力が弱い人もいます。
ふだん私たちが食べているような食事を食べることが難しい利用者向けに、ミキサー食(ミキサーで液体に近くした食事)、刻み食(刻んで食べやすくした食事)、とろみ食・ゼリー食(ミキサー食を片栗粉などでとろみをつけた食事)、ソフト食(舌で簡単につぶすことができるほど柔らかくした食事)などを老人ホームでは提供しています。
この中でもソフト食は、どんな料理なのかを目でも楽しむことができ、誤嚥のリスクも低いということから人気が高まっています。
ソフト食以外は、すべての食材を混ぜてしまっているので、何を食べているのかわかりにくいというデメリットがありますが、ソフト食ではそれを改善しているため、利用者の食事摂取量が増えたという事例も実際にあります。

■老人ホームを食事で選ぶ人も

老人ホームを選ぶ時に、食事を重視する人も多くいます。
スタッフが食事の時に適切なサポートを行っているか、献立のバリエーションは豊富か、おやつは毎日あるのか、食べやすさや美味しさに配慮されているかなどを入居前に確認しておくことで、毎日の生活の中で楽しみを見出すことができるか知ることができるでしょう。
食事は、毎日食べるものなので、美味しさや食べやすさ、季節感を感じることができるかといったポイントは大切になります。

老人ホームによって食事にこだわっているかそうでないか異なります。
見学する場合は老人ホームの設備などだけではなく、食事もチェックしてみることをおすすめします。

お役立ち情報一覧へ戻る