シェアハウスほほえみ様に入居がありました。

岡山市で介護施設を探すお手伝いをしております坂峯です。

玉野市槌ケ原にある食事付き共同住宅シェアハウスほほえみ様にご入居がありましたので、その経緯やどの様な方だったのかを実例としてご報告します。

 

今回ご入居されたのは要支援1、生活保護の方でした。

他のブログでも要支援の方や生活保護の方の介護施設への入居の難しさを掲載した事がありますが、今回も数多くの施設に調査をした結果ほとんど受け入れが出来ないと言う事が多くありました。

 

ADLは下記の通りです。

食事:普通食・自立

歩行:自立(体調により困難)

排泄:自立

着脱:自立

入浴:一部介助(見守り)

視力・聴力:日常生活に支障なし

医療:ペースメーカー有、その他病院への通院が必要

以上。

やはり要支援1と言う事もあり、多くの事が自分で出来るため本来であれば自宅での生活も可能と言う状態ですが、やはり今回ご入居された方のようにお一人で生活している時に万が一の事があったらと考えると心配だと言うのがご家族の心情です。

 

こんな時に受けいれて頂けるのが、ここ「食事付き共同住宅シェアハウスほほえみ」様です。

以前も70代自立・一人暮らし(身元引受人なし)の方の受け入れをして下さったりと、こちらの施設の社会的な役割は非常に高いと思います。

 

生活保護を受給されている方の場合、各老人ホームで全部屋のうち数部屋を生活保護の方用として設定されている事が多く、実際の空き状況とは別に生活保護用のお部屋の空き状況によって判断をされます。

 

この記事をお読みの方で、施設探しに困っている方はぜひこちらの施設もご検討されて下さい。

もちろん、私たちハピネスプラスにご相談頂くとこちらの施設を含め他にも情報のご提供をさせて頂きます。

宜しくお願いいたします。