自分の希望条件にあった老人ホームを簡単に探す方法

2019.12.08
alt

自分の希望する条件にあった老人ホーム選びを行うには、まずどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、老人ホーム選びでポイントとなる探し方や選ぶ基準を詳しくご紹介しましょう。

■入居までに考えておくべき希望条件

・どんな生活を送りたいのか希望条件をまとめる

現在の生活に不足しているものや不便だと思うもの、不安に感じることなどをまとめることで、理想的な暮らしが思い描けるでしょう。
まずは、老人ホームに入居する際の予算や立地、サービスなどはどのようなものを希望するのか、優先順位をつけていきましょう。

 

・希望条件に当てはまる老人ホームをいくつか探して比較する

実際にインターネットや口コミなどを元に老人ホームを探してみましょう。
その際には多くの情報を集めることが重要です。
条件に合った老人ホームを見つけても、その1件だけにこだわらず、他の該当するホームについても調べて比較することで、自分の希望する条件が新たに見つかる場合もあります。

 

・老人ホームを見学して体験入居を行う

どんなに口コミが良い老人ホームでも、実際にどのような生活を送れるのかは見学してみなければ分からないでしょう。
見学を行う際には、自分の希望条件をピックアップしたチェックリストを持って行くことで、条件に合ったホームを見つけることができます。
見学後に、入居したいと感じたホームであったら、本契約をする前に体験入居を行うと良いでしょう。
見学だけでは確認できなかった箇所をチェックながら最終的な確認を行います。

 

■老人ホームでどのような生活を送りたいのかを考える

現在の生活を振り返りながら、老人ホームではどのように生活したいのか、何を求めるのかなどを、家族と入居者する本人が一緒に考えてみましょう。
有料老人ホームに入居する際には、ある程度多くの初期費用と月額費用がかかる場合があるため、事前に本人や家族に負担のかからない程度の予算を立てて計画することも大切です。
また、本人がこれから生活しやすい環境であると共に、家族が通うのにも問題ないかという点を調べてみてください。
本人が1人で外出可能な状態であれば周辺の環境を重視して、外出困難な状態であれば、家族が通いやすい場所にあるかを確認しておくと良いです。
その他、医療体制・介護サービスは整っているのか、居室や共有スペースの設備・食事内容やレクリエーション・イベント・サークル活動はどのようなものがあるのか、生活支援サービスは行われているのかなども確認しておくと、後悔しない老人ホーム選びを行うことができます。

自分の希望にあった老人ホームを探す際には、インターネットの他に役所や地域包括支援センター、担当のケアマネジャーなどに相談してみましょう。
また、老人ホームを紹介している事業所もあるので、迷った時にはプロに相談してみるという方法もおすすめです。

お役立ち情報一覧へ戻る