気になる老人ホームを見学!見るべきポイントは?

2019.01.13
alt

老人ホームを検討する際には、パンフレットを見るだけではなく実際に施設を見学しましょう。
老人ホームを見学する際に見るべきポイントをご紹介します。

■老人ホームの共有スペース

老人ホームの生活では共有スペースで過ごす時間も長くなります。
共有スペースの第一印象が決め手となる場合も多いので、まずは老人ホームの共有スペースの雰囲気を感じてみましょう。
食事をするスペース、お風呂、レクリエーションやリハビリの部屋はどんな印象でしょうか。
清潔感や解放感など共有スペース全体の印象をチェックすることも大切です。
また、全体的に整理整頓されているか、共有スペースと居室との距離、談話室やロビーの居心地の良さも確認しましょう。
その他、老人ホームによっては図書室や娯楽室、カラオケ室や理容室などが設けられている施設もあります。
共有スペースにどんな設備が整っているかも重要なチェックポイントです。

■老人ホームの居室

老人ホームに入居すると、1日の大半を居室で過ごします。
快適に落ち着いて暮らせる部屋かどうかをチェックしましょう。
トイレの位置、緊急用の通報装置の場所、浴槽のサイズ、床の材質なども確認します。
さらに、居室のドア、トイレのドアは使いやすいか、手すりの位置なども見ておきましょう。
車いすでの生活の場合、スライド式の引き戸か、十分な広さかもチェックポイントです。
また、荷物を収納する場所などもチェックして、どの程度の私物が持ち込めるかも確認しましょう。
老人ホームによっては居室に標準で装備される備品と、オプションで付ける備品があるケースもあります。
エアコンや照明器具、ベッドやカーテン、チェストなどの居室の備品が、どこまで標準装備なのかもチェックしましょう。

■老人ホーム周辺

老人ホームを利用するにあたって、意外と見落としがちなポイントが老人ホームの周辺状況です。
老人ホームを見学する際には施設そのものだけではなく、老人ホームの周辺もチェックしましょう。
家族と一緒に公共交通機関を利用して老人ホームを見学すると良いでしょう。
散策に適した公園があるか、コンビニやスーパーの有無、最寄駅からのアクセス、老人ホーム周辺の道路状況などをチェックします。
老人ホームに入居する本人にも、支える家族にも利用しやすい老人ホームかどうかという視点が必要です。

老人ホームの見学では見たいポイントがたくさんあります。
見学に行く前にチェックすべきポイントをしっかりと把握しておきましょう。
また、複数の施設を見学すると時間の経過とともに記憶があいまいになり、どこの施設がどうだったか忘れてしまいがちです。
老人ホームを見学した後は、チェックリストに書き留めるなど記録を残しておくことをおすすめします。

お役立ち情報一覧へ戻る