老人ホームで生活の仕方

老人ホームは、自宅での生活と異なり多くの利用者と共同生活を送ることになります。
共同生活を送ることで、新たな楽しみを見つけるきっかけなどになるので、生きがいを見つけることもできるでしょう。
今回は、そんな老人ホームでの生活の仕方を見ていきます。

■老人ホームでの1日の流れは?

老人ホームでは、朝7時くらいに起床し、食堂などの共有スペースで朝食を摂ります。
朝食後は、テレビ体操などを介護スタッフとともに行います。
また多くの老人ホームでは、午前中に入浴することが多くなっています。
ただし入浴は、性別や入浴の種類(家庭にあるような一般浴、寝たまま入ることができる機械浴など)によって午前と午後に分かれる場合もあるので、老人ホームに確認してみてください。
昼食は12時くらいからで、午後は昼寝や余暇の時間となっています。
14時過ぎくらいからはレクリエーションやおやつの時間になり、楽しめる時間も用意されています。
この時間帯に、午前中に入浴できなかった方の入浴が行われる老人ホームもあります。
夕食は18時くらいからの老人ホームが多く、夕食後は居室に戻って就寝の準備をします。

■1日の流れは老人ホームによって変わる

老人ホームの1日の流れは、老人ホームが持つ特色によって変わってきます。
特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護保険を利用する施設の場合は、1日の中のほとんどの時間が介護やリハビリに充てられています。
介護付有料老人ホームの場合は、介護やリハビリの時間が多い施設もあるかもしれませんが、民間が運営している老人ホームが多いのでレクリエーションを充実させているケースもあります。
有料老人ホームの中でも、住宅型有料老人ホームサービス付き高齢者向け住宅は比較的自立した利用者が多いので、介護付有料老人ホームよりもレクリエーションが充実している場合が多くなっています。
自立した利用者が多い老人ホームでは、自由に過ごすことができる時間が多くなっているので、自由な過ごし方ができるでしょう。

また老人ホームによっては、地域の子ども交流する機会があったり、訪問美容室があったりなど楽しい時間を過ごせるような工夫を凝らしている場所もあります。
1日の流れをスタッフに確認することで、どんな生活を送ることになるか想像できるでしょう。

老人ホームの基本的な流れはだいたい同じですが、老人ホームの形態によって異なります。
入居前の見学などでどのような生活をしているのかチェックしてみることをおすすめします。