ケアハウス(軽費老人ホーム)の特徴と費用について

2018.07.22
alt

高齢者が生活や介護サービスを受ける施設の1つにケアハウスという老人ホームがあります。
この施設は軽費老人ホームに分類されますが、どのような施設なのでしょうか。
ケアハウスの特徴や費用についてご紹介します。

■ケアハウスの特徴

ケアハウスは軽費老人ホームの1つで、軽費老人ホームCと呼ばれることもあります。
そもそも軽費老人ホームとは、60歳以上の高齢者を対象に自立した生活が困難な身寄りのない方、もしくは家族からの援助が受けられない方が入居できる施設です。
自治体の助成を受けて入居できるため、有料老人ホームよりも安い費用で入居することができます。
設備に関してですが、居室は個室が通常ですが、夫婦が入居できる2人部屋を完備した老人ホームもあるので安心です。
また、民間事業者の介護型ケアハウスの場合はユニット型の個室が多いです。
食堂やリビング、通常浴室、洗濯室、居室内にトイレ・キッチンを完備しているのが一般的となっています。

■一般型と介護型の違い

ケアハウスには一般型と介護型の2種類があります。

●一般型ケアハウス

一般型は主に自立した生活ができても、独立生活に不安がある高齢者が対象です。
主に受けられるサービスは介護職員による見守り、食事・掃除・洗濯といった生活支援になります。
一般型では介護が必要な場合は訪問介護や通所介護を活用して介護サービスが受けられますが、自立状態とみなされない場合は退去を求められるので注意しましょう。
入居条件の年齢は原則60歳以上の方、もしくは夫婦のうち1人が60歳以上なら入居となっています。

●介護型ケアハウス

介護型は主に軽度から重度の要介護者が入居対象で、入居中に介護度が上がっても退去要求される心配はありません。
主に受けられるサービスは食事や入浴などの介護、機能訓練、医療ケアになります。
入居条件は原則として要介護度1以上で65歳以上の高齢者です。

■ケアハウスの費用について

ケアハウスは介護サービスも含むため、軽費老人ホームの中でも費用は少し高めですが、有料老人よりも比較的に安い費用で入居できます。
一般型と介護型ではそれぞれ費用が異なりますが、どちらも入居に入居一時金と家賃や食費、光熱費、管理費などが含まれる月額料金が発生します。

●一般型ケアハウスの場合

一般型ケアハウスの一時入居金は30万円が目安で、月額料金は6万円から17万円が目安です。

●介護型ケアハウスの場合

介護型ケアハウスの一時金は数十万円から数百万円で、介護サービス費が含まれるため月額料金は一般型よりも多めの6万円から20万円が目安です。

現在は有料老人ホームの料金も多様化しており、入りやすい傾向からケアハウスを含む軽費老人ホームの数は減っています。
しかし、独立した生活が不安な方や家庭

お役立ち情報一覧へ戻る