自宅でも使える!便利な介護グッズ

老人ホームでは、利用者が快適に生活できる介護グッズが用意されています。
しかし、一時帰宅や短期利用で自宅に帰る人は、新たに介護グッズの購入が必要になります。
そこで今回は、自宅で便利に使える介護グッズを一挙紹介していきたいと思います。
もちろん、老人ホームでも活躍してくれるアイテムですので、施設で働く人も参考にしてみてください。

 

■シャワーチェア

シャワーチェアは、座ったり踏み台にしたりすることができるお風呂用の椅子です。
種類によって耐荷重や高さ、大きさも異なります。背もたれがついたものや、足に吸盤が付いて安定性が良いものもあります。
老人ホームで活用されていますが、自宅に一つあれば家族全員で使うこともできます。

 

■介護用肌着

老人ホームでは、施設スタッフが利用者の着替えを行います。
しかし、自宅だと家族が着替えを手助けしなければなりません。そんな時に便利なのが、着替えがスムーズにできる介護用の肌着です。
前の部分がワンタッチテープになっているため、いちいちボタンを外したり、チャックを下ろしたりする必要がありません。
老人ホームならスタッフがいますが、自宅での介護は家族の負担になります。介護の時間短縮のためにも、介護用肌着を検討してみてください。

 

■呼び出しブザー

呼び出しブザーは、老人ホームだけでなく自宅にも導入してもらいたい介護グッズです。
老人ホームでは呼び出しブザーを導入し、スタッフが即時対応できる体制を整えています。
一方、自宅では付きっきりの介護をするのは難しいです。そんな時に便利なのが呼び出しブザー。
トイレの呼び出しだけでなく、体調が急変したり、何かトラブルがあった時にすぐに知らせることができます。
自宅では家族が知らない内に具合が悪くなっていた、ということも考えられます。
本人と家族のためにも、呼び出しブザーを利用してみてください。

 

■介護シューズ

介護シューズは、老人ホームだけでなく自宅でも便利に使える介護グッズです。
高齢になってくると足が重くなり、ちょっとした段差でもつまずいてしまいます。
老人ホームでは、バリアフリー化が進んでいる場所も多いですが、自宅だと段差が障害になることもあります。
介護シューズは「軽い」「着脱しやすい」「バランス感覚が保てる」といった機能が備わっているので、室内だけでなく、お散歩やお出かけにも最適です。
歩行が辛くなってきた、つまづくことが増えたという人は、介護シューズを検討してみてください。

介護グッズは老人ホームだけでなく、自宅で便利に使えるものが数多くあります。
今回紹介したものを参考に、介護者に合わせた介護グッズを選んでみてください。