岡山県の名所について

こんにちは。岡山県老人ホーム・介護施設相談窓口『ハピネスプラス』相談員の槙原です。

岡山県では新型コロナウイルスの影響が都心部よりも少ないですが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

全国では都道府県境をまたぐ移動自粛の全面解除が19日に解除されました。これに伴い、岡山県外にご家族がいる方はご両親のもとに行けることが出来るようになったと思います。実際に岡山県の介護施設も徐々に通常通り入居・見学・面会の制限を緩和する施設も増えてきました。このまま新型コロナウイルスの影響ができるだけ少なくなることを願うばかりです。

さて、今回は全国的に移動自粛の全面解除が行われたということもありますので、介護施設の話ではなく岡山県も名所について話をしたいと思います。

全国的に岡山県の名所は「倉敷美観地区」だと私は思っています。

美観地区は岡山県の県庁所在地岡山市にはなく倉敷市にあります。倉敷美観地区は伝統的建造物群保存地区、倉敷川畔伝統的建造物群保存地区などという名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

主な建物としては旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した観光施設倉敷アイビースクエア、大原美術館等があります。私は大原美術館には小学生のときに遠足で行きいろんな絵を見た記憶があります。

また、倉敷美観地区では多くのドラマ、CM、映画などのロケ地としても有名な場所です。最近でいえば映画「るろうに剣心」、NHK朝のドラマ「マッサン」のロケ地として倉敷美観地区で撮影が行われました。

また、倉敷美観地区は交通のアクセスもよく、倉敷駅から降りて徒歩約15分で着くことができます。

バスでも行くことができ、倉敷駅南口バスターミナルから乗車できます。

もちろん倉敷美観地区は歴史ある街並みだけではなく、おいしいグルメなどもあります。

その中でご紹介したいのが「デニムまん」と「デニムソフト」です。倉敷市児島地区はジーンズの発祥の地としても知られており、全国的にも有名です。なので倉敷美観地区にもデニムストリートがあったりします。その一角に「デニムまん」、「デニムソフト」があります。見た目は真っ青であまり食欲が出てこない感じですがその見た目に反して味は驚くほどおいしいと評判です。倉敷美観地区に行った際にはデニム関連のグルメもぜひ楽しんでいただけたらと思います。

今回の記事は介護施設とは全く関係のない記事でしたが、老人ホームのご案内もしっかりと致します!

老人ホームのことでお困りがありましたら『ハピネスプラス』にご相談ください。

まずはお気軽にお問合せください!

0120-16-6541

相談員:槙原