住宅型有料老人ホーム『アルファリビング岡山後楽園』にご入居がありました。

2019.11.12
alt

こんにちわ!岡山市で介護施設相談窓口をしている相談員の槙原です。

本日は岡山市中区にある住宅型有料老人ホーム『アルファリビング岡山後楽園』へ入居がありましたのでご報告いたします。

アルファリビング岡山後楽園は名前のとおり岡山県の名所でもある「後楽園」の目の前にある施設です。春は桜並木が見え、秋には紅葉を部屋から楽しめることができ季節の変化を感じれるような施設になっています。こちらの施設は住宅型有料老人ホームになる以前は企業の保養所でした。そのなごりで庭園のような庭がついており、鯉も泳いでいます。すこし高級感のある施設となっています。

 

今回ご入居された方はご夫婦での入居でした。

奥様は要介護1を、お父様は介護認定を持たれていないご夫婦でした。介護施設では介護認定がないと入れないと思われがちですが実は介護認定がない方でも入れる施設が存在するのです。

依頼を受けた当初は、2人別の施設でも構わないという要望でした。しかし話をして実際に施設を見ていく中で二人別の施設ではなく一緒の施設がよいのではというような話になってきました。介護度が違うと同じ施設へ入所というのは難しいですが、今回のアルファリビング岡山後楽園は自立の方~要介護5まで幅広く受け入れをされています。

また今回は2人部屋が埋まっており夫婦別々の部屋という選択肢となりました。これもよくあるご夫婦の入居のケースになります。2人部屋は1人部屋に比べて部屋数が少なくなっています。なので2つ部屋を借りて1つをベットルーム、1つをリビングルームというような形で使う方もいれば別々の部屋を個々それぞれ使うケースもあります。2人部屋が埋まって同じ施設では入居ができないというわけではなく様々な形でご自分にあったお部屋の使い方をしても問題ありません。

今回ご入居されたご夫婦は介護度が違えど別の部屋でも同じ施設への入居ができたことをとても喜ばれていました。

このようにいろんなケースでの入居や夫婦で一緒の施設に入居したいという依頼は少なくありません。

そのようなことでお悩みの方がいらっしゃいましたらぜひ「ハピネスプラス」にご相談ください!

相談者様の声一覧へ戻る