良い老人ホームの見抜き方

公開日: 更新日:

老人ホームは各地にたくさんあり、どこの老人ホームに入居したらいいのか悩んでいるという方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、安心して暮らすことができる良い老人ホームの見抜き方をご紹介しましょう。

■費用で比較する

老人ホームの形態によって費用が異なります。
入居を検討する時に、入居一時金や毎月の利用料を無理なく払うことができるか、利用料以外の費用や介護保険料を把握できているか、クーリングオフに関するポイントを確認できているかという点についてきちんとチェックしておくことが必要です。
費用面に関するトラブルが起きてしまうと、経済的に大変になってしまうだけではなく、精神的にも辛くなってしまう可能性があります。
そのため、老人ホームによって異なる費用についてしっかり確認し、納得できる老人ホームに入居することで満足感も感じやすくなるはずです。

■施設の設備を比較する

老人ホームの設備は、必要最低限の設備のみや付加価値が充実しているなど様々です。
入居者の介護度や健康状態などによって、必要な設備特別養護老人ホームは異なります。

老人ホーム入居前に見学をして、居室や共有スペースの広さ、長く入居することになっても快適に過ごすことができるかなどをチェックすることをおすすめします。
また、万が一の時に備えてナースコールが居室に設置されているかも確認しておきましょう。
老人ホームの形態によっても設備が異なるので、どのような暮らしをしたいのかを明確にすることで理想的な老後生活を送ることができるはずです。

■介護や医療体制を比較する

老人ホームでは、食事や入浴などの介護サービスを受けることができますが、介護度が重度になると退去しなければいけない施設もあります。
認知症の利用者が暮らすグループホーム住宅型有料老人ホームなどは、ある程度身の回りのことを自分でできる方が対象になっているため、認知症が進行して周辺症状が悪化したり、怪我などで寝たきりになってしまうとなどへ転居を勧められる可能性があります。
また、人工透析や胃ろう、インスリンなど医療行為が必要な利用者の場合は、看護師が24時間常駐している老人ホームを検討する必要があるでしょう。
その他にも、医療機関と連携体制が整っているかという点を比較することで、入居者の状況に合っているか見極めることができます。

老人ホームといっても、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホームなど様々です。
それぞれの施設を比較して、合っている施設を見抜きましょう。