老人ホームの種類と違い

2018.11.19
alt

老人ホームにも様々な種類があり、それぞれ大きな特徴があります。
一つずつ簡単にご紹介していきます。
民間団体が運営するものと、公共型施設に分けて見ていきます。

■民間型施設

・介護付き老人ホーム

24時間常駐のスタッフにより、介護サービスを受けられるホームです。
原則としてバリアフリー構造になっており、さらに寝たきりの方の入浴などにも対応できるようになっている施設もあります。
介護の必要のない方も入れる自立型施設や、介護が必要な方のための介護専用型など複数の形態があります。

 

・住宅型老人ホーム

食事や洗濯など日常生活の支援を受けられますが、基本的には自由な生活です。
言い換えればマンションに高齢者向けのサービスが付いているようなものです。
介護スタッフはいませんが、外部の組織と連携して通所介護など介護サービスを受けられます。

 

・健康型老人ホーム

介護は不要で自立しているけれど、一人の生活は不安だと言う方のための施設です。
スポーツジムや図書室などが併設されたり、外出のレクリエーションなど様々な企画がなされています。
老後をアクティブに過ごしたい方向けです。
入居中に介護が必要になった場合は退去を求められる点には注意が必要です。

 

・グループホーム

主に認知症の方、病気や障害を持った方を対象とした施設です。
専門スタッフと共に数人で集団生活を送り、料理や掃除などそれぞれの役割を持った自立した生活を目指す場所です。
できるだけ家庭に近い環境下で、認知症の進行を緩やかにして、地域社会に溶け込んで生活するという目的を持ちます。

■公共型施設

・特別養護老人ホーム

一般的に省略して特養と呼ばれます。
寝たきりなど、在宅での介護が困難な状態である高齢者を受け入れる施設です。
他の施設と比べて安価ですが、要介護度による入居条件が課されています。
長期入所が前提なため、原則として終身まで介護を受けることができます。

 

・介護老人保健施設

老健とも呼ばれます。
特養や他の老人ホームとは違い、一時的な入所施設であり、病院と住宅の中間のような施設です。
今まで入院生活を送っていたなどによく利用されます。
入院するほどでもないけれど、自宅に戻るのはまだ不安がある、という方に向けて、専門スタッフの医療ケアを受けつつ、在宅復帰を目指すサービスです。

 

・介護療養型医療施設

リハビリや医療ケアに重点を置いた老人ホームです。
特養や老健とともに、要介護者に向けた施設です。
あくまで医療機関であるため食事や洗濯などの生活サービスなどは最低限となっています。

提供されるサービスは施設の形態および入居者の状態によっても多種多様です。
老人ホームにどんな支援を求めるのかで選ぶべき施設は変わりますので、しっかり確認しておきましょう。

お役立ち情報一覧へ戻る