老人ホームの値段の平均は?

2018.09.21
alt

有料老人ホームは高額であるとよく言われていますが、実際にどのくらいのお金がかかるものなのでしょうか。
将来のために貯めておきたい人、親を老人ホームに入居させたい人などは、老人ホーム入居の価格平均を知っておくと目安として考えることができます。

■入居費用は施設による幅が大きい

全国平均で見てみると、老人ホーム入居時の費用は非常に幅があり、1000万円以上かかる場所や100万円以下の価格という施設のグラフが大きくなります。
平均を考えるのであれば、おおよそ500万円がその値となりますが、100万円ほどという施設もそれなりに多いようです。
月額費の全国平均は、だいたい20万円程度となります。
入居時の費用の有無によっても多少前後しますが、入居費用がある方が若干高額になることが多く、その分質の高いサービスにつながっているのです。
月額費は10万円以上と20万円以上が最も多く、価格帯の相場もこの辺りを目安に考えましょう。

■都道府県によっても価格が変わってくる

施設によって価格差のある老人ホームですが、都道府県で見ても差はかなりあるようです。
入居費用の相場が最も高い県は京都府の1050万円、安い県は山口県となります。
月額費は入居費用ほど幅はなく、最も高いのは東京の26万円ほど、安いのは佐賀県の10万円でした。
入居費用が高い県ほど月額費も多少高くなる傾向にあるようで、最も入居費用の高い京都府は月額費が高額なランキングで4位、入居費用・月額費共に2位につけている兵庫県もあります。
この価格差は、主に首都圏や都市の周辺など、利便性の高さや周辺環境の良さ、サービスの質などから高額になっている可能性が高く、また相場がこのくらいの価格になっていても施設差があるので、必ずこのくらいの価格になるとは限りません。

■自分にあった老人ホームが一番良い

民間運営の有料老人ホームでは、やはり施設のサービスの質、施設の充実具合、他にも周辺環境の良さなどによって価格が大きく違います。
特に入居時費用に非常にばらつきがあり、1000万円を超える高額な老人ホームもあれば、入居時の費用は0円というものもあるのです。
逆に月額費はほとんどの場所が20万円程度なので、イメージが付きやすいと思います。
月々を20万円程度支払続けても大丈夫なように資金繰りをしておきたいところです。
価格やサービスなど、自分にあった老人ホームを選択し、無理のない範囲でしっかりと頼れるようになっておきましょう。

お役立ち情報一覧へ戻る