老人ホームのメリット・デメリット

老人ホームに入るメリットとは、どんなものがあるのでしょうか。
またデメリットはどんなものがあるか、事前に知っておくことでより取捨選択がしやすくなります。
老人ホームに居住する際のメリットとデメリットを解説しましょう。

■メリットはどんなものがある?

老人ホームのメリットとして一番大きなものが、職員が常に施設内にいてくれることです。
老人ホームによっては介護職員や看護師の職員などが施設内に常駐してくれている場所もあり、夫婦だけ、もしくは一人暮らしでいるよりも大きな安心感があります。
いざというときに頼りになるだけでなく、ちょっとした不便さも対応してくれる職員がいることで、生活が楽になるのです。

また、ケアマネジャーなどの職員がいる老人ホームなら、介護プランを立ててそれに沿った生活やレクリエーションなどをすることもでき、体調や状態に合わせたホーム選びが可能という点もメリットと言えるでしょう。
介護プラン以外にも、老人ホーム選びをする際は食事や生活サポートなども施設によって様々な選択肢があります。
好みによってもそのようなプラン内容を選ぶことができるのは強みと言っていいでしょう。

老人ホーム数が多いということで、入居がしやすい施設もあります。
入居できるか不安という人もいるでしょう。
しかし現状全ての老人ホームがいっぱいいっぱいになってしまうということはないので、安心してください。

■デメリットはどんなものがある?

老人ホームのデメリットは、やはり料金がかかってきてしまうことでしょう。
特に介護サービスが充実している施設ほど料金が高くなる傾向にあり、その分入居一時金や月々の支払額が高額になってきます。
より良いサービスを受けるにはどうしても料金が必要なので、サービスと料金のバランスには注意しましょう。

他には、メリットである様々なサービスが幅広く、選択肢が多いという点が、自分にあった老人ホーム探しに時間がかかってしまうというデメリットにもなりうる点があります。
いち早く老人ホームへ入居したいという場合は、多すぎる選択肢もデメリットとなってしまうのです。
その際は、どうしても譲れない部分を決め、それに合う施設を中心に探すと迷うことが減って決めやすくなるでしょう。

老人ホームは最終的に終の住まいになることが多い施設です。
見学会などを通して自分自身が一番納得できる場所を探し、しっかりと考えた上で入居をするようにしましょう。