岡山にシェアハウスと言う新しい提案が!

老人ホームの形態も色々なものが誕生しています。

今までの介護付有料老人ホームやサービス付き・住宅型の有料老人ホーム、グループホームは詳細は別として名前は皆さんもご存知かと思いますが、その他にもショートステイや小規模多機能型居宅介護、それに看護体制が加わった看護小規模多機能型居宅介護などもあります。

岡山県の南部エリアでこれらの合計はおおよそ700施設以上あります。

今までの投稿でもお伝えしておりますが、その中から自分(親)に合った施設を探すことはすごく難しいと思います。

私たちはその殆どの施設に足を運び、パンフレットやインターネット(ホームページ)だけでは分からない情報を出来るだけ多く収集しております。

「そろそろ老人ホームを探した方いいかな」と思ったとの時は是非私たちにご連絡下さい。

 

さて、前置きはその位にして本題に移ります。

題名でも上げました通り、今回はシェアハウスと言う新しい形態に関してご報告します。

今回私たちハピネスプラスが調査したのは、玉野市槌ケ原にある「食事付共同住宅 シェアハウスほほえみ」様です。

シェアハウスと言うと、都会にあって若者がキッチンなどを共同で使用して生活をする場と言うイメージがありますね。

私も初めはそのイメージを持っておりました。

まず施設の外観に関しては写真に上げた通りキレイです。

中に入ってすぐに共同フロアがあり、その周りに居室が並んでいて3階建ての合計34の居室があります。

お部屋にトイレはありませんが、約2部屋に1つくらいの間隔で共同トイレがあります。

トイレがお部屋から近い事はメリットですね。

肝心の介護に関しては、併設でヘルパーステーションがあるため日頃から顔を合わせる方がそのまま訪問介護に入ってくれます。

お食事も共同スペースで一緒に食べ、必要に応じて訪問介護を受ける事が出来ると言う点では他の介護施設と同じなのではと思ってしまうくらいです。

その他にも地域の医療機関との連携や訪問リハビリにも対応しています。

こうなれば一般的な介護施設と違いって何?と思ってしまうくらいです。

また、シェアハウスと聞いて印象が強いのはお家賃ではありませんか?

 

もちろん入居に関する費用に関しても調べてきました。

まず入居費用の構成としては次の通りです。

礼金:家賃の1か月分、家賃42000円(南側)と45000円(北側)、共益費24000円、食費48000円※全て1か月30日間での試算

介護費用の(1割)負担分を含めない合計は117000円です。

※介護保険の費用負担に関してはをご覧ください。

 

費用も安くキレイな施設で、介護に関する不安がなくおいしい料理と自由な生活がある、そんな夢のような老後を過ごすにはピッタリかも知れませんね。

他にも生活保護の方や、地域密着ではない為住所地が玉野市ではない方でも大丈夫でした。

空き室状況などは日々変わる為ご検討される方は一度私たちまでご連絡頂ければと思います。

 

長々と書きましたが、私たち施設探しのプロとしてもおすすめ出来る施設です。

また、新しい情報がありましたらこのホームページにてご報告させて頂きます。

お読み頂き有難う御座いました。

※この記事は個人的な主観を元に掲載しております。また2018年11月上旬時点での情報の為間違いなどがある可能性があります。詳細は必ずお問合せ下さい。

食事付共同住宅 シェアハウスほほえみ様の施設ページはこちら