介護付有料老人ホームの特徴と費用について

公開日:

介護が必要になった場合、老人ホームへの入居を検討される方も多いかと思いますが、その中でも「介護付有料老人ホーム」という施設がどんな介護施設なのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は介護付有料老人ホームとはどのような施設で、またどれくらいの費用で入居することができるのかをご紹介していきます。
ぜひこちらを参考に、介護付有料老人ホームについて知りましょう。

■介護付有料老人ホームの特徴

介護付有料老人ホームは、介護施設の中でも民間の企業などが運営している老人ホームとなります。
介護保険制度で定められている基準をクリアし、都道府県や市町村から業者指定を受けています。
基本的に民間企業による運営になるため、料金やサービスの内容などは同じ介護付有料老人ホームであっても大きく異なることがほとんどです。
介護付有料老人ホームには要介護1以上に限定している「介護専用型」と、要支援者・自立者も入居することができる「混合型」の2種類が存在します。
混合型の場合、例えば夫婦でどちらかが要介護、どちらかが自立しているという場合でも2人揃って入居し、介護サービスが受けられるという施設もあります。

■提供されるサービス

介護付有料老人ホームで受けられるサービスは、主に介護や生活支援、医療行為、リハビリ、食事、レクリエーションなどです。
介護付有料老人ホームでは看護師または准看護師の配置が義務付けられているため、投薬管理や褥瘡のケアや予防、怪我の処置なども行なってくれるので安心です。
基本的には看護師が常駐する施設は少ないものの、中には常駐しているところもあるので不安な方は常駐の施設、もしくは医療機関との連携がしっかりと取れているところを選びましょう。

■介護付有料老人ホームの気になる費用

気になる費用ですが、介護付有料老人ホームに入居する場合は月額料金に加え、入居一時金を用意しなくてはいけない施設もあります。
入居一時金がない施設もありますが、そういった場合は月額料金が割高になる傾向にあるので注意が必要です。
入居一時金は数百万円から1000万円以上になることもあります。
施設によって異なりますが、初期費用がかなり掛かることを知っておきましょう。
また、月額料金に関しても月15~20万円前後のところが多くみられます。

介護付有料老人ホームはそれぞれの施設によって料金やサービスに違いがあります。
料金が高ければその分質の高いサービスが受けられたり、安さを重視したところだとそれなりのサービスしか受けられなかったりするので、その点はしっかり入居前に検討するようにしましょう。